« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月29日

●5月の予定

1日 五一会 滑川 養照寺
8日 北陸連区差別問題研修会事前打ち合わせ
9日 玉永寺子ども会
11日 安田理深 真仏土講義輪読会 会場 野々市 常讃寺 テキスト 浄土論註
13日 第11組共同学習会 講師 辻俊明氏 会場 カミール
14日~15日 北陸連区差別問題研修会 <テーマ> 戦争と性 ― 性差別の歴史は深い
          講師 園田久子氏 宋連玉氏 会場 呉羽ハイツ
19日 第11組推進員学習会 バスで立山博物館へ 立山信仰に学ぶ
20日 第11組委員会
21日 華の会(第13組若坊守学習会) 朝日町 西心寺
23日~24日 玉永寺祠堂経法要 講師 永崎暁氏

●祠堂経法要チラシ

2009sidou.JPG

2009年04月25日

●玉永寺 同朋の会

子ども会を行った午後 同朋の会を開催しました
テキストは「おつとめの本」 正信偈 源信章
源信僧都の母の歌「後の世を 渡す橋とぞ思ひしに 世渡る僧となるぞ 悲しき」を紹介
専雑 浅深 真仮 報化 二土を判ずるということを説明
そして「我また かの摂取の中にあれども 煩悩 眼を障えて見たてまつらずといえども
     大悲倦きことなく 常に我を照らしたまう」を
メーテルリンク「青い鳥」を「智慧の眼を得る」とする視点から捉えるという試みを行いました
SBSH0194.jpg
座談会では 浄土はどこにあるのかという話題からはじまり
出席者から死刑制度の是非についての問題提起があり 全員で真剣に話し合いました
裁判員制度の現場では このような話し合いがなされるのだろう と思いました

●玉永寺子ども会 歓送迎会

今年は二人卒業 一人入会です
IMG_0017.jpg

終了後 シャボン玉大会をしました
最初はなかなかうまくいかなかったのですが
コツをつかんで みんな上手になって 楽しんでいってくれました
SBSH0198.jpg

●玉永寺の絵 2

SBSH0195.jpg
もう一人の卒業生の絵です これも賞をとりました 書いてくれてありがとう

2009年04月24日

●第13組 華の会(若坊守学習会)

朝日町 宮崎 明光寺にて
月刊「同朋」に 95年7月から96年4月まで10回にわたって連載されていた
蓑輪秀邦「真宗シリーズ 「御文」に学ぶ 女性差別の問題をとおして」から
最終回「現代の視点からの提言」をテキストにしてお話しました

日ごろ真宗に触れないままに御文を読んだり 拝読に立ち会ったとき
御文の女性差別表現は 現代人への真宗教化を妨げてきたのではないか
法話による御文教化は 蓮如上人の思いとはうらはらに
女性差別のパラダイムを強化してきたという事実がある
「プロテスタントが教会での聖書読み上げから女性差別や身体的差別の表現をはずすことによって
かえって現代人の共感をよび、聖書への一般人への親鸞を高めたような勇気を
私たちの宗門ももてる日のくることを願っています」以上 蓑輪さんの意見です

そのほか、女性原理の是非 人権と仏性の比較検討などについてもお話しました
座談会では 蓮如自身は御文をどのような意図で書いたのか
「はずす」ならばどのような方法が適切なのか
当時の仏教界における女人成仏思想の独自性 などが話し合われました

次回から 蓑輪さんの連載を さらに輪読することになりました

2009年04月21日

●第11組 解放運動推進学習会 第3回

富山市人権啓発コミュニティセンターにて
講師は吉田樹さん(部落解放にとりくむ富山県連会議事務局次長)
講題「富山県における部落差別の現状と課題」
SBSH0189.jpg
差別事象ががなかなか顕在化しない富山・北陸の事情
役員就任をめぐる差別の事例 結婚差別
身元調査の発覚 県内戸籍の不正取得についてお聞きしました
SBSH0191.jpg
二階にある御内仏にお参りし 御消息塗布事件の説明を受け
周辺の現地学習を行いました 門徒、住職 総勢13人 実りある学習となりました

次回は最終回 6月23日 カミール4階
大谷派 解放推進本部委員 訓覇浩さんを迎えて開催します

●参道の八重桜

SBSH0185.JPG

2009年04月20日

●第32回北陸連区差別問題研修会募集要項

<テーマ> 戦争と性 ― 性差別の歴史は深い

“人間性回復”が叫ばれて久しい。しかし、今なおその課題を深め広げることは、至難であると言ってもいい。
今回の差別問題研修会では、その“人間性回復”の糸口として、関係存在としての女性と男性が、どのような意識のもとで、どのような関係の歴史をつくってきたのか。そして、そこに国家が介入することによってどうなってきたのか。本当に出あえる関係が課題となっていたのか。そのことを確かめることを通して、他でもない私自身が解放されることを願うチャンスとしたい。
それは、これまでの女性の意識・歴史、男性の意識・歴史が問われることとなります。そんな中で、男性社会にあって、女性の歴史は埋もれて見え難いが、しかし“有事”の時に、初めて女性の顔が見えてきます。ここ富山では、「女子勤労挺身隊」の名のもとで行われた強制連行・強制労働を検証する裁判が継続中です。そこには、戦争によって人間としての尊厳を奪われた女性たちの歴史があります。その根っこにある「戦争と性」という問題をテーマにしました。
園田久子氏は、女と男の関係史を探り、人間としての両性の回復を願っておられる方です。戦争という国家の“有事”に、それまでの関係が最も顕著に表れることを、女性史を通して教えていただきます。
もう一人の宋連玉氏は、朝鮮近現代史をジェンダーを軸に研究してきた方で、戦争と慰安婦の問題を20世紀の朝鮮半島を中心に語っていただきます。
人間にとって“性”とは何か。人間性回復という時の“性”の根源を、被害・加害としてではなく、両性の問題として考えてみたい。

期  日:2009年 5月14日(木)~15日(金)
会  場:呉羽ハイツ  〒930-0142 富山県富山市吉作4103-1 ℡076-436-0191

講  師:〈講義Ⅰ〉園田久子 氏(福岡県人権研究所理事。修練講師)

かつて、私たちは大正期終わりからの昭和恐慌、世界恐慌を経て、1931年(満州事変)からの15年戦争を経験している。その間、優生思想の蔓延や“人的資源”確保のための人口政策確立など、「性(セクシュアリティ)」は次々にしばり尽くされ、女たちは「出産兵士」とされていく。
戦場での“慰安”の問題はもちろん、上陸してきた連合軍兵士のための“慰安所”設置、引き揚げてきた女たちの強制妊娠と堕胎の事実など、戦争に翻弄され続けてきた「性」。
このような「戦争と性」の問題をとおして、人間にとって性とは何か。女たちの、そして男たちの解放とは何か。そんな視座で、問題提起できたらと思います。

〈講義Ⅱ〉宋 連玉 氏(Song Younok。青山学院大学教授 朝鮮近現代史)

かつて日本軍慰安婦にされ、その後、戦地であった中国に置き去りにされた金順玉さん、河床淑さんとの出会い、従軍看護婦として歴史の証言をなさっている中里チエさん、上田政子さんとの出会いは、私にとって戦争と慰安婦の問題を双方向から考える契機となりました。戦争と慰安婦の問題を考えるにあたって、日本と朝鮮の近代史はおおくの疑問を解く鍵を隠し持っています。それらを解き明かしながら、今日日本で生きる私たちにとって、慰安婦問題がどのような重要な意味をもっているのかを共に考える時間を持ちたいと思います。

参加費:
* 全日程   11,000円(当日のキャンセルは、全額いただきます。)
* 講義・夕食  5,000円(当日のキャンセルは、全額いただきます。)
* 講義のみ   3,000円

真宗大谷派富山教区解放運動推進協議会

詳しい日程等は真宗大谷派各教務所、または私にまでお問い合わせください。

2009年04月19日

●子ども会 歓送迎会はがき

kodomo0904.jpg

●同朋の会はがき

doubou0904.jpg

●五輪塔と玉永寺の歴史

先日 境内から新たに五輪塔の一部が掘り出され 埋蔵文化センターの方に調査していただきました
SBSH0180.jpg
大人二人で持てないくらいの重量があります
この寺の周辺から掘り出されているものと同じく鎌倉時代のものだということです
BSH0181.jpg
玉永寺は戦国時代に上杉氏、神保氏らの合戦の舞台となった小出城の隣にあり
戦死者を敵味方なく弔う供養寺として 時々の武将から守られてきたのかもしれません 
水橋大町にある本派玉永寺にその由来を示す「玉永寺文書」が伝わっています
 

2009年04月18日

●第11組 推進員研修会

上市 浄誓寺にて テキスト「観無量寿経ガイド」 宝樹観
クリスマスツリーなど 宗教と樹木の関わり
浄土の宝樹には花と実が同時につくことから「機法一体」を読み込む

座談会では 前進座「法然と親鸞」が話題になり
ご門徒さんは法然上人のご生涯に馴染みがないので
事前に説明があればよかったという意見がありました

2009年04月17日

●第10回女性会議

13日~14日 研修道場にて テーマ「真宗と人権 女性教化と五障三従」に参加しました
初日の講義は加来知之氏
「現代において女性が機の深信を得るのに、ことさら五障三従を持ち出す必然性は感じられない。
 よって儀式のなかで、あえて五障三従を取り上げなければならない理由も感じられない。」(趣意)
二日目のパネルディスカッションではさまざまな方面から女性差別についての問題提起がありました
SBSH0177.JPG

●ハンセン病問題ふるさとネットワーク富山 総会・公開講座

10日 富山西別院にて 総会の後
公開講座「基本法の理念『啓発』の具体化 療養所のない地域での活動を考える」
として パネルディスカッションが行われました
本派高岡教区寺族青年会から浄土真宗僧侶青年僧全国大会
富山医療生協から「医療と研修を考える医学生のつどい」
大谷派高山教区から「ハンセン病問題全国交流集会」の報告がありました
SBSH0173.JPG

2009年04月06日

●玉永寺の絵

子ども会 今回の卒業生の絵が 賞を取りました
描いてくださって ありがとうございました
SBSH0168.jpg

2009年04月05日

●第11組 誕生会

上市 西養寺にて誕生会を開催しました 子どもたちは40人の参加でした
SBSH0166.jpg