« 玉永寺同朋の会はがき | メイン | 入善町入膳 養照寺 暁天講座 »

2009年07月19日

●第11組 同朋の会

18日 会場は上市 浄誓寺 テキストは「観無量寿経ガイド」 華座観
釈尊によって浄土依報を目の当たりにし「除苦悩法」の言葉を聞いて
韋提希は阿弥陀仏を見ることができた
それは無生法忍を得ることであり 信を得たということであり
彼女は改めて未来の衆生の救いを釈尊に求める
浄土依報の最後に説かれる華座の荘厳は 宝と光に満ち溢れる
宝はその世界のすべてに価値があることを表し
光はすべてがそのままに輝きを放っていることを示す
釈尊は浄土の世界が「法蔵比丘の願力の所成」であると説く
あらゆる衆生 それがいかなる悪人であろうとも 手を合わせるその人の前に
法蔵の願力によって浄土はその相を現しているのである

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1204

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)