« 盆踊りの練習 | メイン | 富山市のお寺で富山大空襲絵画展 »

2009年07月31日

●華の会(第13組若坊守会)

29日 会場 入善 円林寺 テキスト 蓑輪邦秀「真宗的女人往生論の展開」
蓮如の女性差別表現は 存覚の影響を受けていて
「お浚いの御文」は 存覚から受け継いだ女性差別が如実に表れているという見地と
こうした御文から女人講という女性解放の集いが始まった事実と
両方を見る必要があると蓑輪先生は書いていらっしゃいました

参加者のお一人から 御文の言葉がさっぱり届いてこない
昔の言葉遣いでは 読んでも聞いても
女性差別が書かれているという実感がさっぱりわかないとおっしゃいました
私たちの日常語と 古文である御文の乖離が広がっているという問題を実感しました

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1219

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)