« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月27日

●9月の予定

3日 教区解放運動協議会
4日 教区・別院HP開設に向けての会議
10日 安田理深真仏土巻聴記読書会 野々市 常讃寺
12日 玉永寺子ども会
18日 組同朋の会 上市 浄誓寺
     第二次不二越訴訟 富山集会
19日 高岡第七組
25日 華の会(第13組若坊守会)

10日までに玉永寺通信作成・発送
その後 市街地の報恩講に回ります

2009年08月23日

●玉永寺 同朋の会

22日 テキスト「おつとめのほん」 正信偈 源空章 後半
まず 前住職が「一枚起請文」を紹介し 私が正信偈でそれを補足する形でお話しました
毎度の和気藹々とした座談会となりました
SBSH0325.jpg
今後の日程ですが 9月は農繁期にて休会 10月を今年の最終回として冬季休会
来年は雪の様子をみて 3月ごろに再開すると打ち合わせました
次回で正信偈が終わります 来年からなにをテキストにしましょう?

2009年08月21日

●富山教区児童研修大会

19日から21日 池の平青少年センター テーマ「大自然」で行われていました
参加者は57名 写真は最終日の朝食の様子です スタッフの皆様おつかれさまです
SBSH0317.jpg
4年生までを対象に30分 お話してきました
「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」を題材にして「親鸞さまは懐かしい」を紹介しました
拡声器でお話したのは初めてでした
ハンセン病問題 子どもたちに伝わっていた感じがしました
スタッフから遠慮がちに「よかったです」と言っていただいて
恥ずかしながら ありがたいことでした

帰りに「ゑしんの里記念館」によって 絵本を買ってきました
_thumb_180_135_inotiyasasiku.jpg

2009年08月20日

●ラジオ体操が終わります

明日で終わります 全員出席でなくて残念 今年は例年になく雨で中止の日が多かったです
IMG_0497.jpg

2009年08月19日

●第11組 組同朋の会

18日 上市 浄誓寺 テキスト 観無量寿経ガイド 像観
まず華座観の後半に「かくのごとき妙華は、これもと法蔵比丘の願力の所成なり」
浄土荘厳 依報の最後にある言葉の重要性を指摘
善導が 像観を 主に仏像を礼拝するという行為として読み解いており
「是心作仏 是心是仏」は 唯識法身ではなく
仏を礼拝する行為そのものが 仏を仏として成り立たせるのであることである
そこから「心眼」が開け 韋提希は無数の阿弥陀を見ることになるのだが
自性清浄法性や娑婆即寂光土ということではなくて
苦悩の娑婆に仏の教えを見出す 悩み苦しみは消えないけれど 生きていくことであると
「けしの種」 キサーゴーザミーが 我が子の死から無常を悟ったように とお話しました

2009年08月16日

●玉永寺 暁天講座 二日目

白山市 仙龍寺 春秋賛氏 「砂上の楼閣」
11組推進員の方々もいらっしゃいました 二日間ありがとうございました
SBSH0312.jpg

2009年08月15日

●玉永寺 暁天講座

朝日町 光照寺 藤條法彰氏 「茗荷のいわれ」 60人を超える参詣がありました
SBSH0309.jpg

2009年08月12日

●玉永寺同朋の会はがき

doubou0908.jpg

2009年08月11日

●玉永寺暁天講座 近づく

SBSH0308.jpg

●小出城主 唐人氏について

8月10日 北日本新聞より
クリックすると拡大します

2009年08月02日

●交流事業の始まりについて

2002年7月29日 富山新聞の記事を記録します
画像をクリックすると拡大します

●大間窪小学校来寺

戦時中 疎開にきていた方々と玉永寺との交流からはじまった事業の一環として
品川区立大間窪小学校の子どもたち60名余りが当寺を訪れました

上条小学校の生徒たちがクイズ形式で 疎開の歴史を紹介します
SBSH0292.jpg

本堂に参詣 平和を願うお話を聞いていただきました ありがとうございました
SBSH0299.jpg

2009年08月01日

●富山市のお寺で富山大空襲絵画展

KNBニュース

 富山大空襲の悲惨な経験を風化させまいと富山市の寺で空襲の様子を描いた絵画展が開かれています。
 昭和20年8月2日の富山大空襲では市街地の99.5パーセントが焼け野原となり、2700人以上が亡くなりました。
 富山市の真宗大谷派東別院本堂で開かれている絵画展には当時13歳だった富山市の男性が空襲で亡くなった母と妹への供養と平和への願いから書きためた作品14枚が展示されています。
 作品は空襲により赤く染まった夜空や逃げ回る市民の様子が水彩で生々しく描かれ焼夷弾で命を落としていった人たちの声が伝わってきます。
 本堂では1日午前10時から富山大空襲で亡くなった人の大法要を行うことにしていてこの絵画展も1日の午前中まで開かれています。