« 玉永寺同朋の会はがき | メイン | 玉永寺 暁天講座 二日目 »

2009年08月15日

●玉永寺 暁天講座

朝日町 光照寺 藤條法彰氏 「茗荷のいわれ」 60人を超える参詣がありました
SBSH0309.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1226

コメント

石川正穂様
 お盆を迎え公私ともお忙しかったことと察します
 さて、富山教区第12組の暁天講座にご来席なされ、誠に有り難う御座います
 お陰様で、あなた様が講師なされた8月4日の長園寺様、8月9日の勝福寺様、そして8月13日の光徳寺様とお参りすることが出来ました
 その他、今年は全部で8ヵ寺13日間お参りすることが出来、至福に浸っております。
あなた様のお話を聞いていると、日頃の不摂生と両親の不作法が災いしているので、頭のてっぺんからハンマーで殴られている思いでした
 我こそが苦労をしていると思っていることが、大きな間違いであり、人生の精進が足りないのだと痛切に反省しているところであります
 暁天講座から朝の張りつめた所から、凧の糸がぷつりと切れた思いで、今朝は、家庭菜園の収穫に感謝しながら勤しんでおりました 
 本当に、貴重な時間をとっていただき有り難う御座いました

真摯なコメントをいただき 恐縮しております
12組では3箇所でのご縁をいただき それぞれ違う講題にして なんとか目先を変えて 一生懸命 お話ししました
そこで 智慧の光明に地獄一定のわが身が照らされていると申しましたのは 私自身のことでした
お念仏がありがたいです
コメント ありがとうございました

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)