« 玉永寺 暁天講座 二日目 | メイン | ラジオ体操が終わります »

2009年08月19日

●第11組 組同朋の会

18日 上市 浄誓寺 テキスト 観無量寿経ガイド 像観
まず華座観の後半に「かくのごとき妙華は、これもと法蔵比丘の願力の所成なり」
浄土荘厳 依報の最後にある言葉の重要性を指摘
善導が 像観を 主に仏像を礼拝するという行為として読み解いており
「是心作仏 是心是仏」は 唯識法身ではなく
仏を礼拝する行為そのものが 仏を仏として成り立たせるのであることである
そこから「心眼」が開け 韋提希は無数の阿弥陀を見ることになるのだが
自性清浄法性や娑婆即寂光土ということではなくて
苦悩の娑婆に仏の教えを見出す 悩み苦しみは消えないけれど 生きていくことであると
「けしの種」 キサーゴーザミーが 我が子の死から無常を悟ったように とお話しました

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1228

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)