« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月31日

●6月の予定

玉永寺祠堂経法要 無事に終わりました 例年以上に参詣がありました
心から御礼申し上げます

6月の予定

4日 教区インターネットHP研究班会議 教務所
7日 ハンセン病シンポジウム 政党協力要請
8日 善教寺祠堂経法要法話 富山市森
9日 ハンセン病シンポジウム 記者会見
10日 安田理深「真仏土聴記」読書会 野々市 常讃寺
12日 玉永寺子ども会
13日 弓庄白寿会法話 上市町弓庄公民館
14日 靖国問題学習会 講師 高橋哲哉 別院本堂
16日 第11組同朋大会準備
17日 第11組同朋大会 講師 蓑輪秀邦(大谷派教学研究所長) 玉永寺
18日 第11組同朋会学習会 観無量寿経 中品中生
    ハンセン病問題ふるさとネットワーク富山シンポジウム 市民プラザ
    講師 宮坂道夫 藤田三四郎
26日 玉永寺同朋の会 阿弥陀経

2010年05月29日

●玉永寺祠堂経法要一日目

肌寒い日でしたが 満堂の参詣がありました とてもうれしいです
講師は永崎暁氏 iPadをさっそく法話ノートに使っていらっしゃいました
IMG_0256.jpg

2010年05月28日

●明日から祠堂経法要

準備は整いましたが 気温が上がらないので
いったん片付けたストーブを また出すことにしました
皆様の参詣をお待ちしています
IMG_0253.jpg

2010年05月27日

●ハンセン病訴訟勝訴9周年記念シンポジウムちらし

CCI00081.JPG

趣意

2001年5月11日、熊本地裁は、ハンセン病国賠訴訟において、患者・回復者に対する絶対隔離を規定した「らい予防法」は憲法違反であるとして、国に賠償を命じる判決を下しました。これをもってハンセン病患者・回復者の人権が回復されたかに思えました。また、全国のハンセン病療養所では入所者の高齢化とそれによる入所者の減少が進み、療養所の存続が危機にさらされていますが、一昨年「ハンセン病問題基本法」が制定され、各療養所を地域に開かれた医療・福祉機関に発展させることや人権啓発を促進することにより運動のさらなる前進が可能となりました。

しかし未だに、全国の国立・私立のハンセン病療養所の入所者約2500余名の多くがふるさとに帰ることができず、家族や親族とも会えない状態におかれています。各療養所の納骨堂にはふるさとの墓に帰れないたくさんの遺骨が眠っています。富山県出身者の多くもふるさとに帰ることができません。今なおこうした状態が続くのは、国の誤った絶対隔離政策のもとで自治体が患者の摘発を進め、地域住民が協力したことにも起因しています。ハンセン病回復者への差別を一掃し、ふるさとに自由に帰ることができる社会をつくることは、国・自治体の責務でもあり、同時に私たち一人ひとりの課題でもあります。

さらに、時間の経過とともに画期的な熊本地裁判決の風化も進んでいます。わたくしたちは、判決を風化させないためにも、かつての国による強制隔離の事実を忘れてはならないと思います。また、その際、強制隔離のシンボルともなる施設の保存は不可欠です。1938年、群馬県の草津にある国立ハンセン病療養所栗生楽泉園に「特別病室」という名の重監房がつくられ、強制隔離に抵抗したハンセン病患者らを監禁し、92名以上が亡くなりました。今、その再建・保存が実現に向かっています。しかし、ハンセン病患者の受刑者を収容した旧熊本刑務所菊池医療刑務支所では、今その跡地が売却されるおそれがあり、保存を求める声が上がっています。

わたくしたちは、ハンセン病国賠訴訟の勝訴9周年にあたり、「重監房」の再建・保存に尽力されてきた生命倫理学者の宮坂道夫さん、栗生楽泉園の入所者自治会長として資料保存や資料館建設を進めてこられた国賠訴訟原告でもある藤田三四郎さんをお招きし、判決を風化させず、強制隔離の負の遺産を保存する意義について、市民の皆様とともに考えたいと思います。

どうぞ、多くの方がこのシンポジウムに参加され、ハンセン病問題の根本的解決を目指し、県出身回復者の方々とふるさと富山を結ぶ絆を強くしていかれるよう、心よりお願い申し上げます。

2010年5月15日 ハンセン病問題ふるさとネットワーク富山

●靖国問題学習会チラシ

CCI00080.JPG

●第33回北陸連区差別問題研修会

25日・26日 高岡教区主催の研修会に参加しました
テーマは「世をいとうしるし」-自死(自殺)の問題を通じて学びあうー
IMG_0249.jpg
尾角光美さんのNPO活動についての講演の後 梶原敬一氏が「愛と優しさ」の限界を話し始めて
「ただ念仏」という話が 初めて仏法を聞く若い人に通じるだろうかと思いましたが杞憂でした

尾角さんご自身が 母の死に苦しみ そこから活動していくなかで
ヒューマニズムや善意の限界 生と死について考え抜いてこられて ある意味
仏の教えはすでに尾角さんのなかにあったのだと思いました 学ぶところ多い 研修会でした

2010年05月23日

●真宗門徒の集い

IMG_0246.jpg

下記の研修会を実施しました
http://www.gyokueiji.net/blog/tirasi10041.JPG

篠川氏は往生要集を手がかりにして「居場所」とは何なのかを問われました
私たちが求めているのは六道輪廻の天界であり
そこも「天人五衰」という苦しみに満ちた世界である
さらに「魔」でもって誤魔化す日常だからこそ
仏の教えを聞くのだと話されました 誠実な御法話でした

八に阿鼻地獄といふは、大焦熱の下に在り。欲界の最底の処なり。罪人彼に趣向する時に、先づ中有の位にして、啼哭して、偈を説きて言はく、一切は唯火炎なり。空に遍して中間もなし。四方及び四維、地界空しき処無し。一切の地界処には、悪人皆遍満せり。我今帰する所無くして、孤独にして同伴無し。 悪処の闇の中に在りて、大きなる火炎の聚に入りぬ。我虚空の中にして日月星を見えずと。已上(往生要集)

2010年05月19日

●仏青づくり研修会in富山

富山別院での一泊二日の研修に参加しました
仏教青年会活動について 初めて学びました
若者たちの熱意に大きな刺激を受けました スタッフに感謝
IMG_0244.jpg

2010年05月18日

●富山教区第11組同朋大会チラシ

CCI00079.JPG

2010年05月17日

●2010年 北陸聞法道場 開催要項

《趣旨文》
 前回、聞法道場が開催されてから、8年が経ちました。かつて、北陸の有志が集い、教団・教学について学び、そして激論が交わされていました。坊主になってまだ間もない頃、初めて参加したときには「とてつもないところに来てしもうた!」という印象を持ったことを思い出します。
 明年2011年、宗祖の750回御遠忌を迎えます。しかしながら、その記念すべきときを契機として、いま、私たちは何を願い何を求めようとしているのでしょうか。
 寺が、坊主が、門徒が、一人ひとりが自己完結した世界に閉じこもり、どこにも救いがないと悲しむこともなく、どこかで「もう、いいや」とあきらめている空気が宗門に蔓延しているように思えてなりません。
 北陸聞法道場が、毎年城端の地で開かれていたあの頃の意欲的な姿勢や熱気を取り戻したいという願いはありますが、それは決して過去の郷愁に浸ろうということではありません。この現代社会の中で、私たち真宗大谷派なる精神を生きんとするものが、どのようなときを生き、何を見失っているのか、そのことをこそ親鸞に確かめるべく「北陸聞法道場」を新たに開催いたします。

テーマ : 「一人ひとりの悲しみが世界をひらく-御遠忌を問う-」

日 時 : 2010年7月29日(木)~30日(金)

会 場 : 城端別院善徳寺 研修道場
         富山県南砺市城端405 TEL 0763-62-0026

講 師 : 藤場俊基氏
        1954年石川県生まれ。
        早稲田大学政治経済学部卒業後、5年間三和銀行勤務。
        大谷専修学院修了。
        大谷大学大学院博士課程(真宗学専攻)満期退学。
        現在、石川県常讃寺衆徒。

参加費 : 10,000円(宿泊費、食事代含む。賛同金も募集しています。)

日 程:
  29日(木)          30日(金)
       
  13:30  受付       7:00  晨朝
  14:00  開会式     8:00  朝食
        勤行      9:00  全体協議会
        開会挨拶   11:30 閉会式 
  14:30  講義①          閉会挨拶 
  16:00  質疑応答         恩徳讃
  17:00  夕事勤行    
  17:30  夕食    
  18:30  講義②    
  20:00  座談    
  21:00  入浴・懇親会    
             ※都合により日程を変更する場合があります。
 
申し込み : 下記の呼びかけ人に7月22日(木)までに
        申し込んでください。

呼びかけ人 :
 石川正穂 加賀田栄香 加賀田晴美 菊池正人  長谷部淳馨 蓑輪秀一 宮地修 山本龍昇

事務局連絡先 : 山本 龍昇 〒922-0825 石川県加賀市直下町タ35

2010年05月11日

●第11組 解放運動に学ぶ会 公開講座

10日 上市カミール和室にて 講師は訓覇浩氏
講題 「救済の客体」から「解放の主体」へ―ハンセン病問題と宗教の課題―
ハンセン病問題の現状 真宗信仰との関わりについて話してくれました
11組以外からも参加をいただきました
IMG_0237.jpg

2010年05月08日

●玉永寺子ども会

IMG_0231.jpg
ゲームをして ビデオ仏典童話「ふくろうの夢」を見ました
朝から本気で子どもたちと遊んで 一日 体力がもつでしょうか・・・

2010年05月06日

●5月の予定

6日 安田理深「真仏土巻聴記」読書会 野々市 常讃寺
8日 玉永寺子ども会 ゲーム
10日 第11組解放運動に学ぶ会 公開講座 上市カミール 講師 訓覇浩 
     終了後上市駅で懇親会
13日 滑川本廣寺 祠堂経法要法話
14日 北陸聞法道場再開打ち合わせ 南砺市真敬寺
18日 第11組推進員学習会 観経 中品上生 上市浄誓寺
18日~19日 仏青づくり研修会in富山 富山教務所 講師 酒井義一
21日 第11組同朋大会打ち合わせ 玉永寺
23日 第11組中組 真宗門徒の集い 水橋善覚寺 講師 篠川弘一
25日~26日 北陸連区差別問題研修会 高岡教区 テーマ 自殺について
29日~30日 玉永寺祠堂経法要 講師 永崎暁

農繁期にて今月の玉永寺同朋の会はお休みします

2010年05月04日

●子ども会はがき

kodomo1005.jpg