« 被災地へ 東北別院 | メイン | 報恩講チラシ »

2011年09月25日

●被災地へ 陸前高田市

22日 台風は去りましたが、その影響は大きく、移動に時間がかかりました。
北へ向かうバスの窓から、スクラップになった車の山、被害を受けたままになっている家屋、更になっている敷地が至る所で見て取れました。
目的地である陸前高田市に着きました。
IMG_0957.JPG
津波によってすべてがさらわれてしまった光景に息をのみました。
大谷派本称寺、跡地です。参道が残っています。
IMG_0965.JPG
寺号が記された石柱が破壊されていました。傍には、近くで見つかったものでしょう、ランドセルやアルバムが置いてありました。
IMG_0962.JPG
近くに設けられた仮本堂を訪れ、正信偈をお勤めしました。
IMG_0969.JPG
IMG_0971.JPG
位牌と骨壺が安置され、ご門徒の方がお彼岸のお参りにいらっしゃっていました。
被災の現状を目の当たりにして、ただただ手を合わすことしかできませんでした。
本称寺さまの被災についてはこのHPの4月11日の記事に出ています。

長い時間をかけて帰ってきましたが、あの時の本称寺御住職の表情が忘れられません。私になにができるのか、考えています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1398

トラックバック

» 「わすれなの鐘」 from 玉永寺 こころおきらく日誌
本日、復興支援センターの呼びかけに応え、「勿忘の鐘」を鳴らすことにしました。 震... [Read More]

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)