第四段 蓮位夢想

「真宗門徒にとって、一番大切なことは、
               どういうことでしょうか」
 先月も、真剣な問いかけがありました。
 宿題をいただいて、身が引き締まります。
 今回は、聖徳太子と親鸞聖人との関わりについて、あわせて、学んでみたいと思っています。
 寺は念仏の道場です。
 どうぞ、お誘い合わせ、おいでください。

1999年8月28日(土)

出席者15名 奉仕団に参加された方々が加わる。


建長八歳 丙辰 二月九日夜寅時、釈蓮位夢想の告に云わく、聖徳太子、親鸞聖人を礼したてまつりましましてのたまわく、「敬礼大慈阿弥陀仏 為妙教流通来生者 五濁悪時悪世界中 決定即得無上覚也。」

しかれば祖師聖人、弥陀如来の化現にてましますという事明らかなり。
建長八歳(丙辰) 二月九日の夜寅の時(十日の午前四時ごろ)蓮位が夢の告げを受けて次のように言った。「聖徳太子が親鸞聖人を礼拝されておっしゃるには「大慈大悲の阿弥陀仏に敬って礼す 妙なる教えを広めるために来れしものは 「五濁悪時悪世界」の只中で 決定してすなわち無上の覚を得ている」

しかれば親鸞聖人が、阿弥陀如来の化身として現れていらっしゃるということが明らかである。」


分量が少ないので、以下のプリントを加える。

聖徳太子  574?-622しょうとくたいし

飛鳥(あすか)時代の中心的政治家,思想家。父は用明天皇,母は穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后。幼名は厩戸豊聡耳(うまやどのとよとみみ)皇子。のち上宮(じょうぐう)王ともいう。592年に即位した推古天皇の摂政として仏教を基調とした政治を行った。603年冠位十二階を定め,翌年には十七条憲法を制定した。607年小野妹子(いもこ)を派遣し隋(ずい)との対等の国交を開き,留学生・留学僧を送って大陸文化の導入に努めた。仏教に対しては深い理解と信仰を示し,その著作とされる《三経義疏(さんぎょうぎしょ)》には独自の解釈がうかがわれ,法隆寺・四天王(してんのう)寺・中宮寺・橘寺・広隆寺・法起(ほっき)寺・妙安寺の7寺を建立したといわれる。

六角堂 ろっかくどう

京都市中京区にある天台宗の寺。本堂が六角形なので六角堂と通称されるが,正称は紫雲山頂法(ちようほう)寺。西国三十三所観音霊場の第18番札所。寺伝では,平安遷都以前の開創で,聖徳太子が四天王寺建立のための用材を求めて当地に来たとき創建され,本尊如意輪観音は太子七生の守本尊であるという。平安中期,すでに太子信仰と観音の霊験で知られ,貴賤男女の参籠がつづき,洛陽七観音の一つとして栄えた。鎌倉初期,比叡山の堂僧だった青年時代の親鸞が当寺に100日間参籠し,聖徳太子の夢告を得て法然房源空の専修(せんじゆ)念仏門に帰した話は有名である。寺地が下京の中心だった関係上,室町中期からの当寺は〈町堂〉として,町衆の生活文化や自治活動の中心地となる役割も果たした。たとえば都市に流入した貧窮者への粥施行(かゆせぎよう)が門前の仮屋で行われたり,下京に危機が迫ると当寺の早鐘が鳴らされた。また京都に乱入する土一揆を防ぐため出陣する軍勢の集合所となったり,あるいは下京町組代表の集会の場になったりした。当寺は1125年(天治2)の火災以来,幕末までの間に確認できるだけで18回の罹災が知られるが,庶民信仰を集める寺としてそのつど復興された。近世には寺領はわずか1石だったが,観音霊場として,庶民の信仰の寺として栄えた。門前町が発達し,そこには巡礼者のための宿屋が多く建ち並んで,洛中でも有数の旅宿町となっていた。本堂の東に〈へそ石〉と称する礎石がある。寺伝では旧本堂の礎石というが,この異称が生じたのは,当寺が下京の中心だったことによると思われる。現本堂は明治の再建,ほかに太子堂や親鸞堂などがあり,参詣者が絶えない。

1,問題提起

@聖徳太子とはどういう人物だったのかを確認し、太子が親鸞聖人を礼拝するとはどういうことなのか、考える。

A聖人が「弥陀如来の化現」とあるが、弥陀と親鸞聖人とを、同一視してよいのであろうか。
 御影堂の形態は、聖人を「生身の弥陀」としていると言えるのではないか。
 報恩講は聖人の徳を讃える、大切な行事だが、その儀式はこうした宗祖観を基底として営まれている。
 その意味で、宗祖観を確認していかなければならない。

 廟所として、我々の先輩たちが、教えにあうことができた、その感謝の気持ちを確認する場所とも言えるかもしれないが。

2,座談会

@聖徳太子と我々の生活との関わりを確認

3,感想

○出席者が、同じようなそれぞれの主張を、繰り返す傾向が出てきた。互いに話し合うような形には、なかなかなりにくい。


○御伝鈔は、聖人の讃仰や門徒の心得が中心で、教義などが非常に少ない。短い文言に焦点を当てないと、信仰談義にはなりにくい。