« Ⅱ 純粋行としての信心 第一講 願を行ずる信 中 | メイン | Ⅱ 純粋行としての信心 第二講 一心の成り立つ背景 その1 »

2007年03月20日

●Ⅱ 純粋行としての信心 第一講 願を行ずる信 下

以下は抜粋とノート

願生偈は単なる詩歌ではなく、大無量寿経の四十八願全体を受けて、その意義を明らかにするという意義を持った偈である。大無量寿経の四十八願はどういう問題を明らかにしているのか、仏道においてどのような意義をもっているのか。その問題を願生という原理で明らかにしたのが願生偈である。

願生偈の願生というのは世親の願に違いないが、しかし人間の願というわけにはいかない。むろん世親に起こった願であるが、かといって願といっても人間のおこした願というわけにはいかない。
 
人間が願を起こす場合は信は成り立たない。逆に信が成り立ったというなら願が如来の願だからである。我々が信ということができるのは、如来の願の成就としての信の場合だけである。
願生は、世親が如来の願を自己の信としてあらわしたのである。だから自己の信としてあらわされたそのままが如来の願成就なのである。

ただ如来の願を願といっているだけでは教理に終わる。つまり願生とは如来の本願を天下りにではなく、衆生の機においてあらわしている。
願生ということが無量寿経独自の自覚である。願に燃え上がっている信、それは、如来の願を行じている信心である。客として本願に目覚めるとともに、主として願に立ち上がる。

偈と問答は総別という位置関係をもっている。正信念仏偈によって真宗を総じて尽くし、問答は別して真宗を明らかにする。

念仏を信心であらわしたのが正信念仏偈である。念仏からでた信であるから念仏としてあらわされる。「念仏偈」だけでは、「ただ念仏している」のか、「念仏もまた信じている」のかわからないから、「正信」という文字をつける。正信念仏とは、念仏で満足したということである。歎異抄で言えば「信ずるほかに別の子細なきなり」とういうことである。正信念仏という言葉に浄土真宗が簡潔に要約されている。それに対して信巻は、別しての意義がある。

教行信証は教行の二巻と信巻以下の四巻とに二分される総別の関係でなっている。真宗の教学は総じては念仏、別しては信心である。総じて信を述べるのは行巻であり、それでは念仏をみずからも信じ、他にもすすめている。信巻は信を述べるのではなく問答している。つまり、信を批判し、信を基礎づける。

信巻は三経一論に照らして信心についての問題を明らかにする。心というと心理分析のように思うが、信心は行に対する関係としてある。だから「純粋行としての信心」といったのである。これは独特の用語かもしれないが、法と機の関係をあらわしたのである。「純粋行」の「行」は法の意義をもち、「信心」の「心」は機の意義をもっているのである。
信巻の問答が明らかにしているのは、機の問題である。

行巻には「ただ念仏」と信を表明している。しかし「ただ念仏」という行は簡単であるが、簡単であることを信ずることは容易ではない。親鸞が三願、三機、三往生ということを立てたのは、簡単なことが容易ではないということをあらわすためである。

機を成就するという問題は、人間を成就するという問題である。

悪人正機は悪人だけが助かるというのではない。悪人であるにもかかわらず人格を与えるということである。つまり人間がどれだけ理性をやぷっても、品格を失っても、それにもかかわらずそれに人格を与える。いかなる悪人にもかかわらず、人間性を失っている人間をして、どんな条件の下にも動かされない人格、主体性を与えるのが信心である。それを正定聚の機という。

身体がある、精神があるというだけでは人間存在はあらわせない。人間は机があるように存在しているのではない。また、単に生きているのではなく、生きていることとは何だろうかと問う存在である。自己を非本来として自覚し、そして自己を問う存在である。そういう問題をもつような人間は、身体や精神があるのが人間であるという立場からはでてこない。つまり浄土論は願生という概念によって、問題をもつ人間を成り立たせる原理を答えたのである。このように願生とは自覚的原理なのである。

世親は我一心というが、その一心に成り立つ我とはどのような機であろうか。我にも二重の意味があるのではないか。つまりエゴとセルフである。

「ひとり」だが「いちにん」でないのが「孤としての我」であろう。「孤」、つまり「エゴとしての我」は他を排除しつつ他によっている。だから一人でいると淋しいし、またたくさんでいると騒がしいというように矛盾している。

「独」というのはそうではない。本当の独はそういう状況でいっそう自己になる。「普く諸々の衆生と共に」(回向門)というのが独である。

人間は孤立ではなく独立しなければならない。何ものにも依らないとは、自己自身の分別にも依らないということである。それが主体性であり、そのような主体性を支えるのが信である。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)