« 真宗の独自性 | メイン | 嶋地黙雷の「近代」 »

2007年05月29日

●松本白華

天保9年(1838)~大正15年(1926)(89)。大谷派、加賀本誓寺(松任市)の僧。号:厳護法城、法名:白華院厳護。明治5年(1872)教部省出仕、同年現如の宗教事情視察に随行して石川舜台、成島柳北らと西欧を歴訪し、航海録を著わす。同6年執事補。同10年東本願寺上海別院輪番。東本願寺宗政や護法運動に尽力した。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)