« Ⅱ 純粋行としての信心 第二講 一心の成り立つ背景 その1 | メイン | 人生問題の深義 »

2007年05月03日

●安心立命の世界

浄土に帰するということも、念仏の信心をとおしてはじめてふれ得ることであって、つまるところ、われわれにとっては浄土とは信心の問題なのである。

念仏往生の教えを聞くことによって、安んじ得る世界を見出し、そこに自ら安んずるということが、浄土真宗の門徒であるという事になるのである。

穢土も、浄土も自覚の問題である。

浄土ということは、穢土に対してのことで、教理ではない。人間の心のそこに根ざすもので、今日いう人間の祈りである。

後生とは、後の生ということとともに最後の生ということでもある。衆生が最後に人間の形をとったということである。そこに、一切衆生の問題は私一人において解決すべき責任が生まれ、仏道ということが問題となるのである。およを人間が生きているということには精神があるのである。その精神を祈りといい、また菩提心というのである。

菩提心こそ、人間の本当の故郷である。そこによって浄土を感じ、穢土を感ずるのである。浄土とは故郷ということである。

(故郷とは)ただ見出すより外にないところであり、また何としても見出さなければならない本来の世界であって、そこに帰るまでは本当の安心は得られないのである。だから、浄土は安心の帰着点なのである。

(浄土門)門とは信心であり、それは穢土にあるものであって、しかも浄土に通ずるところである。

門というのは自覚の象徴である。

浄土と門とは別のものではない。門に至れば浄土にふれたのである。すなわち、浄土の門は内外を区別して、我々が常にその外にいることを知らしめる。

すなわち、たすかることなしにたすかるのである。穢土を離れずに浄土にふれるのである。これはただ信心によってのみ可能なのである。

浄土とは安心の問題である。

自覚なき浄土は実体化されたものであり、死後のことにならねばならないわけで、それが化土である。つまり、真仮を明らかにすることによって、はじめて安心を得られるのである。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)