« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月10日

●第一講 生命の構造 2

以下は読書ノート

前四巻は教行信証を回向に包んで、回向された教行信証、これを往還二回向で述べてある。
回向は衆生の上にある。

仏のまこと(徳)がそのまま衆生の上に成就するのを回向という。これが真実である。仏の名たる南無阿弥陀仏が我々の成仏の身となるというわけである。我々の行は本願の行であり、即ち南无阿弥陀仏である。よって「本願名号正定業 至心信楽願為因」とある。至心信楽は仏の御心である。仏の御心は、機の深信である。我々衆生の痛みは、我々の思いや反省ではない。仏の痛みとしてある。その深い仏の大悲心が信楽である。また証というのは真実信心の利益である。教行信証はことごとく如来が我ら衆生となって成就してくだされた道である。それ故に回向であるわけである。

浄土に回向ということはないのであって、回向は教行信証、即ち我々の上にある。その回向を通して触れる世界が浄土である。

衆生が己を徹底するところに浄土が開け、仏がある。衆生たることを忘れれば、仏も化仏であり、土も化土である。真の浄土は衆生の自覚にある。これが仏道の本来の精神である。仏道は自覚道である。自覚のみがよく人間を超えしめる。救済も、自覚のみが救済たり得る。どこかからどこかへ往くのでない。飛躍や忘却でない。まして人間にとどまることでもない。人間を人間と知るのが、人間を超える道である。

聖道門を捨てるというが、仏教の精神を捨てれば、浄土教は外道となる。阿弥陀様は困ったものを救うというが、それだけでは方便化仏である。あくまで衆生の道を明かす自覚が大切である。真実報土に往生するといわれるが、前四巻を明らかに頂けば、往かずして往く、来ているということである。往くは方便化土、来迎は化身である。だから衆生を明らかにすれば、感得されるわけである。触れればよいのであって、ここへ出てくるのではない。触れる機(自己)を磨けば、仏は映る。自己を忘れて仏を求めるのは、自己の分際を知らぬからである。仏教は、自己を磨くことである。磨けば映る。如にして来ているわけである。仏に触れればよい。その触れる道が教行信証である。触れたのを摂取不捨とか現生不退という。よって仏に触れるのを前四巻で明かし、触れた仏を明らかにするのが第五巻である。仏に照らされた眼で、照らした仏を明らかにするのが第五巻である。

2007年06月09日

●第一講 生命の構造 1

以下は読書メモ

「浄土論」では器世間・衆生世間を総合するのに願心荘厳をもってされる。願心が総合しているわけである。

昔から国土に対して仏は主体、国土は客体と考えているが、それは無理であろうと思う。主体はむしろ心である。身は土に対しては主体かもしれぬが、身の主体を求めれば心であろう。だから身が主体とというよりも、身も土も客体である。

さて、身と土を総合するのは心である。心が無為涅槃の中に新しい世界を見出してくる。これは、我々よりは安心、仏よりは願心である。つまり涅槃の中に精神生活を見出すわけである。人間を超えた仏の世界に我々の生活を見出す。その生活を身と土で表すわけである。器世間は土、衆生世間は身であるが、体はいずれも色法である。器世間は外の色法であって、外なる物質を土という。内なる物質を身体という。このように内外をいうのは、心がいうわけである。心の中に見出されたのが身、外に見いだされたのが土である。身体は自覚そのものの内容である。

他人の感覚は想像されるものであるから不共という。これに対して外の環境は共同である。

環境はどこまでも土であって共同であるが、心は不共同である。土は我と衆生と共同する。しかも浄土は仏だけのものであるが、仏が荘厳される土である限り共同のものがある。そこに如来の正覚と一如であるという意義が明かされてくるのであろう。

所帰の土には、身と土の区別があるが、「観彼世界相 勝過三界道」とか、あるいは二種世間荘厳功徳とかいわてあって、いずれにしても所帰たる、つまり帰している、帰すべき世間(身・土)を表している。これまでの顕真実教・行・信・証四巻を通して感得され、帰している世間を表すのが第五巻である。前四巻では能帰の心を明かし、第五巻については帰すべき身土なれば可帰の身土といわねばならぬ。可帰とは超越性を意味する。安心の対象面を表す。今第五巻は所帰とある。これは安心の内容を表す。帰しているものであって、帰すべきものではない。能帰の心が内に感得しているものを表す。

能は機の自覚のみにある。信が能帰である。前四巻は能帰の機とあるが、さらに能帰中の能帰は信にある。結局、教行信証は大信心におさまる。しかもこの大信心の感得するものが、「真仏土巻」にあるわけである。

 換言すれば教行信証は我々にあるが、真仏土は機を離れた法であることが大切である。信も如来より賜った信なるゆえに四法としてある。しかも信を賜ったことをおさえていけば、能帰の信として衆生にある。衆生に頂いた法であって、その自覚は衆生にある。これに対し真仏土は仏に属する。衆生の自覚を通して感得された、しかも衆生を超えた仏の世界を明らかにする。浄土は仏の世界であるが、浄土の自覚はここにある。それで「浄土の真証」といわれる。

 前四巻は浄土の門(自覚の門)というものを広く明らかにされた。浄土の門は穢土にある、即ち信心、自覚を通してある。浄土は穢土を超え、穢土を包むものである。

2007年06月08日

●松本白華の生涯

天保9年(1838)誕生

天保13年(1842)石川舜台生まれる

嘉永2年(1849 11歳)得度

嘉永3年(1850 12歳)京都で漢学と書を学び 後に大阪で広瀬旭荘の門に入る。

安政3年(1856 18歳)本誓寺住職となる

安政4年(1857 19歳)香山院龍温に宗学を学ぶ。

安政5年~6年(20~21歳) 金沢でコレラ流行、米不作により価格暴騰、洪水、大火。
「松任一円の門徒衆は申すに及ばず、石川郡能美郡までも救出の手をさしのべられたのであります。すなわち親子兄弟等の身寄りのない人たちには寺を開き、粥を与え荒地を開き、小屋を建て、甘藷を栽らせ、引き取り手の無い無縁の仏にも手をさしのべられたのであります。」

明治2年(1869 31歳)明治政府の命により異宗教諭(キリシタンは金沢藩に525名、大聖寺藩に83名)となる。石川舜台も同様。この頃自坊に「遥及社」を開設し子弟の教育に務める。

明治3年(1870 32歳)富山合寺事件。12月8日、富山藩へ本山から派遣され実情検分。

明治4年(1871 33歳) 石川舜台第一次宗政時代(~1878)

2月 新門主に要点五ヶ条の報告陳情書を提出。
    強制合寺の不都合を実情を上げて論し、布令を批判。
   (異宗教諭の職を辞して東京へ。長三州の香草吟社に入る。
    宗名事件に奔走。)

3月 新門主、白華より報告の五要点を詳細に挙げて政府の善処を願い出る。

4月 寺院寮に宛て、当初の布令以下一連の始終の経過を一々布令を挙げ陳述。
    合寺令の不当をなじる。

明治5年(1872 34歳)教部省に出仕。新門主(現如)に随従し、石川舜台、成島柳北らと欧州への宗教事情視察に赴く。この間およそ一年間を「白華航海録」に記す。

明治6年(1872 35歳)執事補に就任。

明治10年(1877 39歳)外国布教掛 上海別院輪番となる。

明治12年(1879 41歳)輪番職を辞して帰国。子弟の薫育に当たる。

明治17年(1884 46歳)富山の説教所が別院に昇格。
            白華の手による碑が、損壊しつつも、今も残っている。

明治30年(1897 59歳)寺務改革派の総代として嘆願書を提出する。
       石川舜台第二次宗政時代(~1902)

明治43年(1910 72歳)本山議制局議長に就任。

大正15年(1926 89歳)没す。


「白華僧正の一生を振り返ってみますと、真に多事多岐多才のお方でありました。現在松任を中心に多くの書や画が残されているのを見、考え合わせますと、誰にでも気軽に仏法を教え諭され、請われれば、すぐに筆をとられたようです。昭和四十七年秋、文化の日に松任福祉センターにおいて、松任市郷土史研究会が主催して白華僧正の遺芳展を開きましたときには、近郷近在より見学者が引きもきらず、盛大を極め、文化の日の白眉であったことを思いましても、いかに秀れた傑僧であったかがわかるような気がします。」(松任本誓寺史)