« 合寺令事件と松本白華 ー教団の近代化ー(草稿) | メイン | 高山大会趣旨文(流星案) »

2007年09月02日

●七尾きよしさんのmixi日記より

願は結果を伴うかどうかに関係無く願として満ち足りている。

本当の宗教心とは、自分の救済ではなく、目の前にいる人が救われていくことを願う心。

自分自身の救済を捨て願に生きていく。

癒されねばならないのか?

癒されてしまうと、浄土を欲する心が無くなってしまう。

苦を苦として受けさせていただく。

(常讃寺夏期講習講義メモ)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)