« 講に下附された本尊裏書 | メイン | 廃仏毀釈の政令 »

2008年02月23日

●第7回真宗大谷派ハンセン病問題全国交流集会 大会宣言草案

 第7回真宗大谷派ハンセン病問題全国交流集会に今回は台湾・ソロクトの方々も含め250名の参加者と、多くの高山市民が集いました。この3日間は、ハンセン病問題がいま、ここにある問題であり、そして、これからの課題であることを認識する機縁となりました。
 わたしたちはいま、「すべての亡き人をしのんで」と題した追悼法要を勤めました。全国の療養所で慰霊祭が営まれましたが、この法要はいわゆる「みそぎ」などではありません。悲しみや怒りを鎮めるのではなく、いのちを奪われたこどもたちの声に耳を傾け、その声に応えていこうという誓いを新たにしています。
 「らい予防法」の廃止・真宗大谷派謝罪声明から12年、ハンセン病国賠訴訟勝訴判決から7年という年月が流れました。全国各地で、さまざまな運動が展開され、「新・あつい壁」の上映も行われています。
 しかし、回復者の方が名告りをあげ、自由に里帰りができる社会になっているでしょうか? 療養所から離れている地域では療養所の存在はおろか、ハンセン病がいかなるものなのかさえ、あまり知られていないのが実情です。そして「私さえ黙っていれば家族に迷惑はかからない」と里帰りを断られる方が、いまも療養所にいらっしゃるのです。 隔離政策の傷跡はあまりにも深い。
 その意味でも今回、高山のスタッフが交流集会を誘致し、多くの市民と共に企画運営した意義は大きなものがありました。
 高山市やその周辺市町村議会での決議をはじめとする、基本法制定の動きがうねりとなりつつあります。基本法制定の署名運動が全国で展開され、大谷派でもすでに100万の署名が集まりました。 わたしたちは、隔離政策を真に否定し、療養所の壁を砕こうとしている基本法の願いに応えていきます。人の心にある差別・偏見に真向かいになり、お互いを尊敬すべき人間として見い出していく道に、これから踏み出します。
 
 いま、ここ高山で、宣言します。(続く・・・)

コメント

 ・ソロクトは来れなくなったと聞いています。
  自治会長が変わり、上下関係が重んじられる文化においては、自治会長の承諾がまずなくては来日できないようです。昨年、ソロクトで出会ったカンちゃんは「自治会長の許可が出れば、行くよ」とおっしゃっていたのですが、やはり、許可が下りなかったのでしょう。ちなみに、一昨年、昨年とカンちゃんは園内を案内してくださった方です。
  ・>いのちを奪われたこどもたちの声に耳を   傾け・・・
   
   身ごもった母、そして父の声もあるので    すよね。

ご指摘 確かに承りました

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)