« 第1回公開講座 太田浩史(冒頭30分) | メイン | 第二回 公開講座 阿満利麿講義ノート »

2008年04月21日

●別院創立記念碑について(法要パンフ用)

 富山別院は大火や戦火によって何度も消失しています。創立時から残っている、唯一のモニュメントが創立記念碑です。石碑の一部は損壊して読めません。それでも、明治維新の際に富山藩で廃仏毀釈があったこと、明治13年に説教所が建てられ、17年に別院へと昇格した際にこの石碑が建立されたこと、松任本誓寺の住職、松本白華がこの文章を書いたということが読み取れます。

 明治2年、富山藩合寺令事件が勃発しました。藩の命令によって多くの寺が打ち壊され、鐘楼・仏具が武器へと鋳潰され、僧侶が還俗を迫られている悲惨なありさまを目撃した白華は、政府、藩、そして本山に対して、次々と調査書や意見書を提出しました。彼のめざましい活動は、当初事件を静観していた政府の方針を変えさせ、富山の仏教を復興させる、大きな一因となりました。 白華に碑文を書いてもらったのは、富山の先人たちの感謝の念からであったのでしょう。

 念仏の道場としての別院を大切にして欲しい。創立記念碑は、現代を生きる私たちに、白華や先人たちの願いを伝え続けています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)