« 公開講座報告(「富山如大地」原稿) | メイン | 別院碑文解読(尾田武雄氏) »

2008年08月24日

●別院碑文

              被
             而教法
明治   季庚午歳富山藩布合寺旨教
   免有泰一令悉使寺院毀大政維新
之国是廃藩置県之変徒其間信徒復振起
  果由  耳明治十有三年 紀開城内
総曲輪址春三月望之経始建設本願寺云
    者白華子  石者 塚氏
明治十七年 申四月加賀松任白華
釈厳護並書

コメント

別院の綺麗な写真、拝見しました。碑文を読みましたので参考にしてください

富山市東本願寺 碑銘解読                           

(碑文)               
              被
             而教法
□□□□□年庚午歳富山藩布合寺旨教
□□免有泰否一令悉使寺院毀大政維新
之圀是廃藩置縣之變徙其間信徒復振起
振起果由明後年明治十有三年紀闢城内
總曲輪址春三月望之經始建設本願寺云
□誰作記者白華子誰立石者桃塚氏
  明治十七年甲申四月相賀( )( )( )華
    釋厳護撰并書
(左側面)明治十八年□□□ 首誘 桃塚 平□
          取持周旋 婦負   橋□□□
                    藤□□□           
その他の残欠
①「江萬      
 史教法
□ □□□
□ □明治
□    」
②「□□立山
□ □□無
□ □□必
□ □此王」
③「更有神通木洵美難
       日朝」 

(読み)
         
□(維)□(時)明治三年庚午(カノエノウシ)歳富山藩布合寺旨教
□□免泰(タイ)否(ヒ)有リ一令悉ク寺院ヲシテ毀(コボ)タシム、大維新
ノ国是、廃藩置県ノ変徙(ヘンシ)、其ノ間信徒複ヒ振起(シンキ)ス。
振起果(ハテ)テ、明後年明治十有三年ヨリ城内
総曲輪址ニ紀闢(キシャク)シテ、春三月望之ヲ建設ヲ経(ケイ)始(シ)ス。本願寺ト云フ、
□誰(コレ)ヲ作記者ハ白華子、誰ノ立石者ハ桃塚氏ナリ。
 明治十七年甲申四月相賀(松)(本)(白)華
    釋厳護撰并書
(左側面)明治十八年□□□ 首誘 桃塚 平□
          取持周旋 婦負   橋□□□
                    藤□□□

(解釈)
 明治三年に富山藩の合寺の旨の布れにより、教
(不明)動揺させられた。一令で悉(ことごと)く寺院を毀(こわ)した。大政維新
の国是、廃藩置県の移り変わり、その間信徒が再び奮い立ち。
奮い立った後、明後年の明治十三年より富山城内の
総曲輪址に開き始めた。春三月十五日に建設を進める。これを本願寺と云う。
此れの文章は白華子、此れの立石は桃塚氏なり。
 明治十七年甲申四月 相賀松本白華
    釋厳護撰并書
(左側面)明治十八年□□□ 首誘 桃塚 平□
          取持周旋 婦負   橋□□□
                    藤□□□ 

追伸
これくらい立派な石碑は、何らかの方法で碑文を残されているはずです。ぜひ捜し求めたいものですね。今後ともこの石碑に関してご教示ください。

解読 ありがとうございます
改めて このブログにエントリーさせていただきました
来年 早々に形になる予定です
今後とも よろしくお願い申し上げます

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)