4月3日 準備に追われる北陸連区のスタッフ







 北陸連区は阿弥陀堂前白洲でのゲームの広場を担当しました。
 景品が不足していたので、全国のスタッフがそれぞれ手元に持っているものを持ち寄りました。中にはセリーヌの靴下など、なんだかよく分からないものも、ありました(笑)。















 ペットボトルボーリングのまわりにシートをはる作業です。各ブースに椅子やテーブルを運ぶ作業など、様々な仕事を北陸連区の20名あまりのスタッフで行いました。






やぐら








 スタッフが自坊から切り出し、運んできた竹を使って「滑車でゴー」のやぐらを組み立てます。ロープの縛り方の講習会を3月にして、3日の朝10時頃からみんなで組み立てました。釘は一切使いません。
 このくらいの大きなものを2つ、小さなものを2つ、はしごを2つ、計2組です。










 


 やぐらを支える杭うちの作業です。夜9時頃までかかりました。













 外での作業が終わったあと、当日の案内の看板などを作りました。終わったのは一体何時だったんでしょう。










 ダンボールパズルを作っています。
 完成すると下のようになるわけです。
















 本番の朝です。みんな、完全に疲れ果ててます(笑)


 他の教区では、徹夜で臨んだ方々もいらっしゃったそうです。ご苦労様でした。